内視鏡検査について

内視鏡検査について

初めての方へ

初めての方へ
「苦痛の少ない内視鏡検査」を五島で受けて頂くことができます

「胃カメラ、大腸カメラって、痛い、苦しい」「実際に受けて見て苦しかった」という声をよく患者さんから、聞きます。

当院では、胃カメラは、「経鼻内視鏡検査」を行っています。内視鏡専門医が、がんの早期診断・治療を行っております。

「たくさんの下剤が飲めない」など心配な方にも「通常よりも、少ない下剤で前処置を行う」大腸カメラも行っています。
安全にモニターで管理の下、ごく少量の鎮痛剤を使用して、長年内視鏡でトレーニングした内視鏡専門医が検査を行います。検査後の説明も専門医が全ての画像を一枚一枚ご覧頂きながら、丁寧に説明します。
検査終了後は、ベットで横に休んで頂き、目が覚めた後に、ご帰宅して頂いております。

大腸ポリープや早期大腸癌が見つかった場合には、当院では患者さんの金銭的負担が少なくなるように、その場で全てのポリープを切除し、日帰り手術を行っております。

内視鏡設備

内視鏡設備
内視鏡設備の進歩により、早期胃癌・大腸癌の診断も可能となりました。

当院は全てFUJIFILM社の内視鏡システムレーザー光源搭載の次世代内視鏡システム「LASEREO(レザリオ)」を使用しています。この内視鏡により、早期胃癌・大腸癌の診断も可能となりました。
また大腸内視鏡は拡大内視鏡機能があり、ポリープを詳細に観察して、大腸ポリープをその場で切除し帰宅する日帰り手術もしています。

当院で可能な検査

当院で可能な検査
当院で可能な検査は5種類あります。

胃カメラ、大腸カメラ、大腸ポリープ切除術、胃ろう交換、異物除去など

”山内診療所とてるてる農場”
© 山内診療所 All Rights Reserved.